高畑裁判所跡地茶室等新築

用途 公園施設
所在地 奈良県奈良市
建築主 奈良県
建築面積 92.97m2
延床面積 92.97m2
構造・規模 W造・平屋建て
竣工年月 2020年5月
高畑町裁判所跡地は、中世の興福寺子院を継承する遺跡として、又、近代数奇者の庭園遺構としての学術的・芸術的価値のある場所として保存・活用が検討されてきた。
その中心となる建築群として、大正期の山口家南都別邸時代の姿を目標に、庭園に「茶室機能付き休憩所」、「腰掛待合」、「雪隠」を再現し、浮身堂近くに「門屋」を、 敷地周囲に「築地塀」を巡らし、奈良公園の周辺環境と調和した施設とした。